サービス一覧

営業等から戻ってきたとき、名刺が机の上に置いてあったという経験はありますか。
あるいは、実際に訪問して会えなかった人の机にそれを置いて帰ったという方はいらっしゃいますか。
その人の知り合いや顧客であれば良いのですが、そうでない場合、相手がとる行動はとりあえず保存しておくか捨てるかの二者択一になります。
いずれにしても言える事実は、印象に全く残らないということです。
少しでも工夫された名刺であれば、他の人との差別化ができて印象に残りやすくなります。
印象に残りやすくする為にも、名刺のデザインに意識を向けてみましょう。
会社のキャッチコピーを入れて、どんな会社か印象付けることもできます。
他にもプロフィールで自分について書くということも良いでしょう。
しかし、一番重要なのは相手に顔を覚えてもらうことです。
その為に写真を活用します。
笑顔の写真等入れると相手により良い印象を与える事ができます。
このように少しの工夫をするだけで印象がかわります。
ただし、デザインの凝りすぎには注意が必要です。
デザインに意識をつけすぎて、肝心なところが目立たなくなると逆に自分の印象が薄くなります。
重要なポイントを押さえて、より印象に残るオリジナルの名刺を作成してみましょう。