サービス一覧

名刺のデザインを考えてみるとまさに無限大といっても良いほどです。
まず、紙質、厚さも含めて手漉きの紙や様々な手触りの紙など台紙として使える種類は印刷のやり方の制限がつく場合もありますが多種多様です。
つぎは、形、たとえば角が丸くしてあってもいいですし、かならずしも長方形でなくてもかまいませんし、二つ折りや三つ折りというパターンもありますし、大きさも少し大きめ、少し小さめというものを選ぶことが可能です。
そして名刺に描く文字や写真、絵などのデザインも多様です。
台紙の質とのマッチングも重要で、たとえば写真を使いたいならやはり光沢紙といったような取り合わせがありますが、逆に写真印刷が乗りにくいものをあえて選んでかすれた感じにするというやり方もあります。
文字の書体も様々です。
また文字を印刷するときにも少し厚みを持たせるということも可能です。
さらに絵やデザイン画などを入れるということも可能です。
名刺のデザインにはこのように無限の可能性があります。
時には個性的な名刺を使ってみるというのもビジネスやコミュニケーションでの高等テクニックなのです。